女性ホルモンは栄養成分で増やす【美と健康アップガイド】

多方面から効果を発揮

サプリメント

イソフラボンが注目です

女性は更年期を迎えると、女性ホルモンの分泌量が減少し始めて、閉経するようになります。しかし単に閉経するだけではなくて、更年期障害の発症を増やすことになるのです。これは女性ホルモンの分泌量が減少したことで、身体各所に影響が発生するためです。例えば女性ホルモンが減少することによって、骨が脆くなる骨粗鬆症が発生し易くなります。骨粗鬆症が発生すると、骨折を起こし易くなるために問題視されているのです。こうしたことから注目されているのが、イソフラボンという成分です。イソフラボンは、女性ホルモンのうちのエストロゲンと似た構造をしています。そのためイソフラボンを日常から摂取すると、女性ホルモンの作用を増やす役割があるのです。

納豆が効果を発揮します

女性ホルモンの作用を増やすと、先述の骨粗鬆症のような更年期障害の緩和が期待できます。そうしたイソフラボンは、大豆製品に多く含まれていることが知られています。日本には大豆製品がたくさん存在していますが、その一つが納豆です。納豆は発酵食品の一つで、納豆菌が含まれています。納豆菌は胃酸の影響を受けても変性しないので、腸内細菌の活性化にも役立ちます。腸内細菌が活性化すると、身体の免疫力を増やしますので、更年期障害の改善にも繋がるのです。もちろん納豆は大豆製品ですから、女性ホルモンの作用を増やすイソフラボンも含まれています。このように納豆を摂取すると、多方面から更年期障害に効果を発揮してくれる可能性があります。